ENTRY
ENTRY

社員紹介|株式会社ロイヤルホテル 新卒採用|リーガロイヤルホテル(大阪)

会社の航路を描く仕事。
社会の動きを感じながら経営に携わる。
吉用 幸太郎
経営企画チーム
2015年入社
経営企画
吉用 幸太郎
経営企画チーム
2015年入社
経営企画

これまでの経歴と仕事内容

3年間フロントでの経験を経て、2018年10月より現部署に配属されました。経営企画チームの業務は、予算策定から中期経営計画の立案・推進・管理、設備投資計画の策定など多岐にわたります。ホテルにおいて社長はキャプテン、スタッフはクルーであり、私たちの役割は経営戦略という「会社の航路」を描くこと。データの集計や分析、各部署との打ち合わせなどを繰り返し、「描いた航路」を経営陣に説明し承諾を得た後、計画通りに進んでいるのかを管理していきます。

特に印象に残っている仕事

嬉しかったのは、フロント時代にルームコントロール業務に携われたことです。この仕事には、宿泊部の売上高の最大化を図るために、どのタイプの客室を、何室、いくらで販売するのかを考える予約管理、さらにお客様の要望に応えて、当日の客室の割り当てを決めるアサイン業務の2つの業務があります。お客様の選択肢を増やして満足につなげるために、様々なタイプの客室を残すように調整するなど、自分の工夫によりお客様に喜んで頂けた時や、予算を達成した時は、大きな達成感を覚えました。

仕事での苦労を通じて成長したこと

ロイヤルホテルの客室数は1,000室を超えており、客室のタイプも細分化されています。ルームコントロールを行うには、すべての設備や特徴を把握する必要があり、覚えるまでは苦労しましたが、経験を積むうち不測の事態にも迅速に対応出来るようになりました。チェックイン時にお客様が予約と異なる客室タイプをご希望された時、当日の残室を確認して瞬時にお答えしたり、後輩社員が判断に困ったときに手助けができるようになり、先輩として成長できたことを実感しました。

これから取り組みたいことや将来の夢

ホテルマネジメントに興味がある私にとって、経営企画は希望の部署。今は簿記3級の資格取得を目指し、通勤時間を利用して数字の見方などを日々勉強しています。常にメディアで注目を浴び、勢いを増していく観光産業。会議中にニュースが話題に上ることも多く、社会の動きを感じながらホテル経営に関わる仕事にやりがいを覚えています。将来の目標は、新規プロジェクトの一員となり、新しい価値を創造すること。大阪万博の開催に合わせたプランや戦略立案にも携わってみたいですね。