社長メッセージ|新卒採用|リーガロイヤルホテル東京

活気あふれる明るい未来へ
一人一人の想いが、お客様を笑顔にする

代表取締役社長 総支配人 
中川 智子

大阪府生まれ。1984年に神戸市外国語大学外国語学部卒業後、株式会社ロイヤルホテルに入社。
大阪、東京のみならず、ニューヨーク、グアム、マレーシア等の海外拠点を含む様々な拠点ホテルにてキャリアを積み、
2013年には当ホテルグループ初の女性総支配人として都市センターホテルに就任。
2017年には女性で初めて執行役員とリーガロイヤルホテル(大阪)副総支配人に就任。
また同年には、社会で輝く女性、ダイバーシティを推進するキャリアから、大阪商工会議所主催「第2回大阪サクヤヒメ賞」を受賞。
2019年よりリーガロイヤルホテル東京 代表取締役社長 兼 総支配人となり、現在に至る。

リーガロイヤルホテル東京は、1994年、緑豊かな文化と伝統の地・早稲田の杜に開業し、都会の喧騒とは別世界の穏やかで優雅なひとときをご提供しています。館内には、煌びやかなシャンデリアが象徴するヨーロピアンクラシックの趣をたたえた空間美が広がり、長年に亘り国内外の賓客をお迎えしてきたリーガロイヤルホテルグループならではのきめ細かなホスピタリティでおもてなしをするスモールラグジュアリーホテルとして、数多くのお客様にご利用いただいています。当ホテルの特徴としては、クリスタルを惜しげなく使用した450基のシャンデリアや調度品の数々が館内には配されています。なかでも2階まで吹き抜ける天井高約8mのガーデンラウンジは、ヨーロッパ宮殿でみられるマリア・テレジア様式の大きなシャンデリアが燦然と輝き、目の前には約一万坪の大隈庭園が広がり、心地よい陽光が差し込む自慢の場所です。ぜひ一度ご覧いただきたいです。

さて、ここ数年来のインバウンド需要で、東京・京都・大阪をはじめ各都市それぞれに訪日外国人観光客が増加しており、加えて2020年以降世界的なスポーツイベントも続きます。その中で、国内外全てのお客様にとって、ますます観光産業の一翼を担うホテル業界への期待の高まりを感じています。そんな活気に溢れる明るい未来に向け、当ホテルでは、2019年に迎えた開業25周年を機に、ロビー空間のリニューアルや、客室フロアのセキュリティーシステム導入などのリノベーションを行いました。またサービス面では、社内インストラクターによる接遇研修や朝食魅力アッププロジェクトなど、サービス力の向上へ様々に取り組んでいます。シッティングスタイルの優雅なチェックイン、お客様一人一人に寄り添う気持ちでの言葉掛け、大切にしていることは数多くあります。この先も当ホテルの魅力に磨きをかけるとともに、IT技術や先進的なマーケティング手法を取り入れるなどの新たな創造力によって、より多くのお客様にご満足いただきたいと考えています。「私たちと一緒に新しいことに挑戦したい」「お客様の笑顔を演出したい」という意欲ある若いみなさんとの出会いを心より楽しみにしています。