ENTRY
    

社員紹介|新卒採用|リーガロイヤルホテル広島

どこまで成長していけるのか
チャレンジを楽しみたい
森 雄大
料飲部食堂課
鉄板焼なにわ マネジャー
2005年入社
レストラン
森 雄大
料飲部食堂課
鉄板焼なにわ マネジャー
2005年入社
レストラン

これまでの経歴

入社当初はベルボーイ、その後、配属された宴会サービス課でサービススキル向上のためにホテルレストランサービスの資格「HRS」の2級を取得。実はレストランサービスの仕事にも興味があり、当時の上司に「レストランでの経験を積みたい。フレンチのお店『シャンボール』でサービスをしてみたい。」と思い切って伝え、希望していた「レストラン シャンボール」に。キャプテン、チーフと現場の責任者を経験し、現在は「鉄板焼なにわ」でマネジャーを務めています。

現在の仕事内容と心がけていること

主な仕事は日々の売上やコストの管理、スタッフの育成などです。初めは慣れない数字の管理に苦労しましたが、今ではレストランでのサービスの仕事も十分にできる時間と気持ちの余裕ができました。スタッフの育成では、楽しく働ける環境づくりを心がけています。スタッフ同士のつながりを深めるために、思っていることを自由に言い合える場をつくりました。

マネジャーとして大切にしていること

マネジャーとしてスタッフに「お客様にとってどうなのか」を考えて動くことの大切さを伝えています。例えばナフキンを折るとき、ただ折るだけでは作業になってしまう。しかし、お客様を想像し、「広げやすいように」「きれいに」と考えながら折ると仕事が変わってくるはず。レストランはお客様との接点が多く、自分の行動がお客様にどのように響いたのかを確認でき、それを自分の力にすることができます。

仕事のやりがいと今後の目標

今、興味を持っているのは「ソムリエ資格」です。お客様により詳しいワインの説明やベストなワインをおすすめすることができるようになりたいです。また、組織内では管理職を目指したいです。どちらも勉強が必要ですが、ベルボーイから始まり、宴会、レストランでのサービス、マネジャーと、当ホテルにはチャレンジできる環境があります。私に何ができるのか、どこまで進んでいけるのかとワクワクしながら、これからも挑戦を続けていきます。